ムーンストーン 乙女の祈り、幸せのパワーストーン

6月の誕生石、パワーストーンはどんなのがあるの?

 

そんな6月の誕生石はパール、ムーンストーン、シトリンタイガーアイです。
誕生石でもある三つのパワーストーン、
そのパワーストーンにはどんな意味があるのか?

「6月生まれの私を幸せにしてくれるっていうけど?本当?」
疑問に思っている人もたくさんいることでしょう。

 

そこでここでは今月の誕生石のムーンストーンのパワーについてお話をします。
このパワーストーンは女性特有の不調を和らげたい人にお薦めの石です。
ムーンストーンを持つことで、月の満ち欠けのリズムに同調して
体調を整えてくれるともいわれています。

 

6月の誕生石はパールとムーンストーンとシトリン。

ムーンストーンは若い女の子は恋のお守りや恋の成就に
小指にピンキーリングとして小指につけている人も多くみられます。

6月の誕生石のムーンストーンは 結構前から、
パワーストーンブームが来る前から 若い女性を中心に結構有名でした。
どちらかというと、若い年代や、
いくつになっても 恋をしている人に根強い人気があります。

時々男性でも親指に大きな指輪をしていることもあります。
ムーンストーンは迷いを断ち切り、
願望達成の意味もあるので ちょっとマニアックな男性に好まれるようです。

ムーンストーンは恋愛などの恋を成就する意味が強いので
通常は若い女性を中心に人気があるます。
ちょっと妄想癖が強い人は避けたほうがよいかも?(これは私の視点です。)

ムーンストーンもパワーストーンといわれていて、持ち主の気分を安定させやさしくてくれます。
かに座の守護石でもあります 。

 

パワーストーン名 ムーンストーン(和名 月長石)

ムーンストーンには月の満ち欠けのリズムに同調して体調を整える

Keyword★月の周期、バイオリズム、感情を和らげる
石の特性 月に深いかかわりを持つ、聖なる石

石の特徴

月の満ち欠けのリズムが刻み込まれた石で、昔から聖なる石といわれて親しまれてきました。
月は女性の象徴であるため、女性の生理的な部分に影響されます。
直感や滞在能力を発揮させる石としても有名なパワーストーンです。

自然のリズムに同調し、安眠をもたらします。

石の意味、効果 古来より月は女性の象徴でした。
その月のエネルギーを受容するこのパワーストーンは 思考を柔軟にし、
感受性や直観力などの完成を高めます。

またコミィニケーションが苦手で上手になりたい人の
サポートをしてくれる石でもあります。
あなたがもと愛情に基づくつながりを確かなものにしてくれます。

またムーンストーンは別名「恋人たちの石」と呼ばれ
愛のつながりを確かなものにするとともに、
愛情を高めあえる時期の喜びを持続させるパワーがあります。
遠距離恋愛のお守りがほしい人にはお薦めです。

また母性の象徴でもあるムーンストーンは子育てのお守りとしてもおすすめです。
ムーンスト-ンはほかの石同様、こまめな浄化が必要です。
浄化は定期的にすることをお勧めします。

DATA

色   乳白色または白に黒が混じる。
産地  インド、スリランカ、マダガスカル
結晶系 単斜晶系
成分  KAlSi3O8
硬度     6~6.5
浄化法 月光浴、流水、セージ、クラスター
効果的な使用方法 アクセサリー(ネックレスや指輪ブローチなど)

誕生石のムーンストーン(パワーストン)をこんな時に使うと効果的

対人面では、もっと自分を表現したいとき。自分の本音を伝えたいとき。
家庭の平穏や妊娠、出産のサポートに。その他、冷静な思考を保ちたいときに。
また恋のサポートにはローズクオーツと一緒に組み合わせると
出会い運アップにもつながります。

 

— 2015年6月4日
ツールバーへスキップ