ジュンブライド、6月の花嫁。パールのティアラ

6月はどんな意味があるの?

 

ジュンブライド(、6月の花嫁)は幸せになるといわれ
西、東洋を問わず、大多数の人は6月に結婚式を挙げます。
おかげで、6月の結婚式場は予約が取りにくいようです。

西洋の文化が日本にはたくさんはいいってきていますが、
このジュンブライド、ジュンブライダル、まだまだ人気があるようです。
少女の女性の夢、永遠の憧れでしょうか?

6月の誕生石はパールとムーンストーンとシトリン
今年はパールが流行で、例年より多く目に留まります。
6月の誕生石のパールとムーンストーン、シトリン。
巷でも結構有名で、パールは年代、性別を問わず人気があります。

ムーンストーンは恋愛などの恋を成就する意味があり 、
わりあい若い女性に人気があるようです。
シトリンは、商売繁盛の石として用いられますが、
やさしい雰囲気が感じられるパワーストーンです。

どの石もパワーストーンといわれていて、
持ち主を幸せに導いてくれるといわれて親しまれています。

誕生石でアクセサリーを作ってみました。 パワーストーン時計。
ムーンストーンを使って作りました。
これから夏に向けて、きらきらしたパワーストーンは
アクセサリーとして 涼しさを演出してくれます。

IMG_3508

どうでしょう、自分に誕生日プレゼントして 一本手にしてみてください。
また誕生石は、生まれ月の人を 災いから守ってくれると同時に、
よい方法へと導いてくれるともいわれます。
プレゼントしてもらうとよいとも言われています。

ただし、持ち主が、自分で幸せを望んで、
行動することでサポートしてくれる石なので ただボーっと、
パワーストーンをつけたからといって、 棚ぼた的に、運気がよくなり、
ほしいものが手に入るわけではありません。
そこのところが大切で、忘れてはならないことです。

 

あなたがあなたらしく、楽しく心正しく生きていることで、
あなたの誕生石であるパワーストーンがお手伝いをしてくれるわけです。

6月の誕生石パールは、花嫁のティアラにも多く使われています。
やさしい気持ちになれて、幸せになれるという意味があるパール。

ウエディングドレスとティアラ、そして白い手袋。
幸せに導いてくれる、必須アイテムですね。

今月はそんな、幸せな結婚で幸せな花嫁がどんどん誕生しそうですね。

— 2015年6月4日
ツールバーへスキップ