7月の歳時記。文月(文月)今月はどんな月?

7月文月(ふみつき)

梅雨が明け、本格的に暑い夏の季節。

 

7月はどんな意味があるの?

早いもので今年も半年が過ぎました。月日がたつのは早い。
今年もあと半年です。
もたもたしていると今年も終わってしまいます。
本当に早い。

そんな7月ってどういう意味があるの?って、疑問ありませんか?
疑問を持つ人がいると思うので
そこをほじくってみようかなって思ったわけです。
参考まで読んでください。
こんな感じで、毎月一回は載せますのでよろしくお願いします。(たぶん)

7月の歳時記

7月は梅雨が明け、本格的に暑い季節に。
海開き、山開きがあり、海水浴や登山客でにぎわう季節の到来です。
下旬には多くの子供たちが夏休みとなり、夏の行楽シーズンに突入です。
土用の丑(24日)にはウナギを食べて体力回復を。

7月の月の動きですが…!

2日に満月を迎えます。
満月は満ちるともいわれ、物事が完成することを意味します 。

9日下弦

16日に満月です。
物事のスタートを意味し、なにか事を始めるにはよいとされます。

24日上弦

31日に満月を迎えます。今月は二度目です。
満月は満ちるともいわれ、物事が完成することを意味します 。

7月の行事

1日  国民安全の日 全国安全週間
2日  半夏至
6日  七夕 小暑
13日  盆迎え火
15日  ぼん
16日  盆送り火 やぶ入り
17日  京都神園祭
20日  海の日 土用
23日  大暑
24日  土用の丑
25日  大阪天神祭

三隣亡(1日、17日、29日)

 

月名 文月(ふみつき) 誕生石 ルビー 誕生花  ユリ
開花 ホウセンカ サルスベリ ダリア ベゴニア
家事 七夕まつり 梅雨明け後の布団・衣類の土用干し、お中元
暑中見舞い、規制の準備‥など
青果 ピーマン、キュウリ、サヤインゲン、ミョウガ、スイカ
旬魚 ウナギ、カンパチ、ハモ、マダコ

 

追記

節気 循環する自然の移ろい
小暑 旧暦六月未月の正節で、新暦では七月七日ごろになります。
日脚は徐々に短くなりますが、厚さは日ごとに増していきます。
大暑 旧暦六月未月の中気で、新暦では七月二十三日頃になります。
暑さがますます加わり、1年でもっとも気温が高い時期です。

7月 文月はこんなかんじです。
行事や新月、満月は参考にしてくださいね。

— 2015年6月30日
ツールバーへスキップ