パワーストーンの基礎知識。石の色によるパワーの傾向

石の色によってパワーの傾向

パワーストーンは色によってパワーの傾向があります。
身につけたい色で、持つ石を決めるのも良いでしょう。

赤(Red)生命力を活発にしてくれる色です。体のエネルギーが高まり、
意欲がアップするでしょう。愛情を燃え上がらせるパワーがあり、
情熱的な例愛をしたい人にもぴったりです。

ピンク(Pink)恋愛を育み、人を慈しむ心をもたらす愛情の色。
きづ着いた心を癒す作用があり、守ってくれる色でもあります。
無条件愛を表す色とされ、本物の愛をもたらすパワーも

オレンジ(Orange)バイタリティを高めてくれる色。元気がないとき、
明るくなりたいときに力を与えてくれます。また、情緒に関係のある色で、
人との温かい関係を望むときにパワーを発揮します。

黄色(Yellow)事故の肯定する感情に深く関係する色。自信を持ちたいとき、
願望を星周する力を高めたいときに有効です。金運、仕事運を向上させる色とも
言われています。また知的好奇心を表す色でもあります。

緑(Green)平和と癒しの色といわれています。心を癒し、平穏にしてくれる石です。
心のつながりによる人間関係を築きたいときにパワーを発揮してくれるでしょう。
信頼をより強固なものにしたいときにも。

青(Blue)知性とコミュニケーション能力を高める色といわれています。
創造力をアップさせ、言葉や文章による自己証言力を向上させてくれます。
真実を目覚めさせてくれる石とも。

紫(Purple)精神性を高める色とも言われています。心を鎮め、
霊的なひらめきや直観力を授けてくれます。自分の世界を持ちたいときや、
落ち着きを得たいときに効果が発揮してくれるでしょう。

茶(Brown)精神を大地にしっかりつなぎとめてくれる役割がある色といわれています。
また、物理的な豊かさをもたらす効果もあります。地に足の着いた行動をとりたいときに。

黒(Black)ネガティブなエネルギーを強力に吸収する色といわれています。
頻繁に浄化すると、より効果が得られるでしょう。物質世界を支配する力を表す色とも
いわれ、保護や権威を得たいときにも。

白(White)純粋さを表す色といわれています。感情やオーラを浄化して、穏やかにしてくれます。
全身に働きかけ、人間のリズムに合わせてゆっくりと肉体を浄化する色とも言われています。

無色透明(Clear)高次の意識へとン導く色といわれ、人間とテントのつながりをつかさどります。
ひらめきがほしいときや、考えに行きつまってしまたときなどに効果を発揮してくれるでしょう。

出はどんなパワーストーンがあるかは、次回以降
おりにつれて掲載していきます。

色によってパワーの傾向があることを参考にしてください。

— 2015年7月10日
ツールバーへスキップ