6月の誕生石、パワーストーン2 マザーオブパール

自分色のパワーストーン」で

今年こそ幸せを呼び込みませんか?

 

あなたは知っていましたか?

1年12カ月それぞれにその月特有の誕生色と誕生石があることを?

 

ここで、あなた自身の誕生色代表するパワーストーンがあります。

そのパワーストーンを「自分色のパワーストーン」です。    

6月生まれの人は「乳白色」です。

乳白色のイメージとは…

穏やか、成熟、実直、協調、中庸、あいまい、

母性、堅実、暖かさ、大地、芳じょう、神秘です。

 

6月生まれの人の自分色「乳白色」

乳白色のパワーストーンは・・・

 

ムーンストン、マザーオパール、ミルキークオーツ

ホワイトガーデンクオーツ、ホワイトファントム、ラビットヘアルチル、

などがあります。

 

 

6月の誕生石パワーストーン

 

マザーオブパール(白蝶貝)
女性としての内面的な魅力を引き出す

 

マザーオブパールはその名のとおり、
「真珠の母貝」、つまり真珠を生み出す貝から作られた石です。

やさしさ、慈しみ、母性などを引き出し、
育児ストレスから改称します。

失われたと思い込んでいた愛情を取り戻し、
日々母親としての自覚が芽生えてきます。

過激なストレスを和らげる効果があります。
母親に心配ばかりかけている人や、子離れできない母親には、

このパワースートンは身に着けることによって、
自然に慈愛の心を育てることができます。

安心感を保つことができるようになるでしょう。

虹色に輝く貝ならではの、上品な光は、
アクセサリーや時計の文字盤や楽器の装飾など様々なものに使われている。

近年では様々な色に染められたものが出回っています。

 

ミルキークォーツ
優しく寛大な心を育てるようになる石

 

ミルキークォーツは推奨中に含まれる
アルミにウムなどの影響により、
白っぽくやわらかな色がついた水晶です。

ムーンストーンと雰囲気が近くとても女性的なパワーストーンです。

 

「母性愛」の焼酎と言われています。

 

ストレスや不安を感じたときには、
そっと優しく包み込んでくれることでしょう。
小さなことにこだわらず寛大な心で人を愛せるように、
また自身をも愛せるようになり、
愛情面に良い影響をもたらしてくれます。

好きな人の気持ちに敏感になれます。

 

 

— 2016年6月4日
ツールバーへスキップ