6月の歳時記❗水無月2

6月 水無月(みなづき)衣替えの季節です

 

早いもので今年も早6月。
月日がたつのは早い。
今年もあっという間に過ぎている。
(ちょっと大げさかなぁ)

今年も梅雨入りしたところもあるようです。
6月は寒暖の差が激しく体調を崩しやすい時期です。
気温は晴れた日は、
30度近くになることがあります。
毎年気温が高い日が多くなっています。

梅雨の季節でもあり、
台風が発生することも。

アユの解禁や夏野菜の季節到来です。
夏の味覚を楽しめるシーズンです。

6月は水無月(みなつき)
ともいい入梅の季節に入ります。

細長い日本列島、
もう梅雨に入っているところもありますが
これから日を追うごとに
だんだん梅雨入りしてくると思います。

健康のためにもカビ対策は大切です。
(”^ω^)(”^ω^)・・・

笑顔で楽しく元気な初夏を満喫してください。

 

6月の歳時記

1日は衣替えです。
梅雨時なので、一枚はおるものを携帯しよう。
季節は初夏に向かい暑い😅日が
多くなります。

季節の変わり目、
体調管理が大切です。
就寝時の冷えに注意。

日焼け止めもそろそろ必要かも?

6月の月の動きですが…!

新月は6月14日です。
朔日(さくじつ)とは…?
旧暦で毎月の1日を朔日という。

月と太陽が、
同方向に並ぶので
「闇夜」となるため「●」の記号となる。
物事のスタートを意味し、
なにか事を始めるにはよいとされます。

20日上弦(じょうげん)🌓
朔日より七日目ごろ。
月の見える位置が南にあって、
その形が右半分で気の半月いわゆる「半月」です。
物事が拡大していく流れの中にあり、
タイミングがかみ合いやすいときです。

28日望(ぼう)に満月を迎えます。
山羊座で○
朔日から十五日目ごろ。
東の空からまん丸の満月の出る日。
満月は満ちるともいわれ、
物事が完成することを意味します。

7日下弦(かげん)🌗魚座
朔日より二十二日目ごろ。
日の出前の真南に左半分だけの半月が出る。
かけていく「半月」です。
「ラストクオーター」の言葉通り、
ここから月のサイクルの四半期が始まる。

 

— 2018年6月2日
ツールバーへスキップ